発達障害の子との毎日

発達障害の子供との日常を綴っています。真面目な話あり、くだらない話ありです。

発達障害児、変な文字表記を嫌う。

これからは行楽シーズンですね。シュウは花を愛でる心を持ち合わせていないので、お花見の予定は無いmamemuchiです。こんにちは。

お花見と言えばお弁当。普段の食卓は勿論、お弁当メニューとしても人気の一品と言えば・・・鶏のから揚げ。今回はこちらを御紹介↓

f:id:mamemuchi:20190310135706j:plain

業務スーパー鶏屋さんシリーズ「クリスピーチキンです。

f:id:mamemuchi:20190310135849j:plain

鶏胸肉のから揚げです。

f:id:mamemuchi:20190310140011j:plain

f:id:mamemuchi:20190310140043j:plain

冷凍庫から出して、油で揚げた物がこちらになります↓

f:id:mamemuchi:20190310140144j:plain

味が濃すぎるとか薄すぎるとかもなく、衣もカリッ。スパイスもキツすぎず、美味しかったです。衣がベタっとする感じもなかったですし。冷めた物も美味しかったので、お弁当にも良いです。

たっぷり1kg入りで、お値段税込み496円。安くて美味しいのでおススメです。

 

さてさて。シュウは来月から2年生に進級です。この1年間で、漢字をたくさん覚えました。この漢字なんですけどね。小学校って基本的に、習った漢字しか使わないですよね

小1だと、「漢字→かん字」「大好き→大すき」のような表記を使うじゃないですか。

それはいいのです。それはいいのですが・・・自分の名前でそれをされる事をシュウは嫌います

 

例えば「田中 一(たなか はじめ)」君の場合。どの漢字も1年生で習うので、わりと早い段階でフルネームを漢字表記に出来ますよね。

では、「山下 香織(やました かおり)」さんの場合。「香織」は難しい字ですが、「山下」は1年生で習います。よって、この時期であれば「山下かおり」表記を使用しているでしょうね。まあこれはこれで、バランスが取れていると言ってもいいのではないでしょうか。

ではでは、「三峰 亮(みつみね りょう)」君だったらどうか。・・・そうです。「三みね りょう」というバランスの悪い表記になっちゃうんですよね。

 

シュウのフルネームは、「三峰 亮」パターンなんですよ。

 

ですから、工作や絵に先生が貼り付けてくれた名前は「三みね りょう」。

新年度新たに配布されるであろう名札の表記も、おそらくは「三みね りょう」です。

 

シュウはこれが嫌いみたいです。「りょう」はともかく、「みつみね」は「三峰」と表記してほしいのです

「三みね」などという妙な表記をするくらいなら、「みつみね」と平仮名表記される方がマシとすら考えているかもしれません

 

少し前にシュウのお迎えで学校に行った時、自らの掲示物の前でシュウがキレていました。

 

まあ私も正直、漢字平仮名交じりの表記って違和感ありますけど・・・でも、しょうがないですよねぇ。

 

キレてるシュウに先生は、「次に名前を書く時は漢字にするね。」と言ってくれていましたが・・・。

こだわりが強い発達障害児。こんな所でも引っ掛かりを感じてしまうみたいです。

 

2年生の名札は「三峰りょう」にしてもらえるのかなぁ・・・。先生に確認してみようと思います。毎朝名札をつける度にキレられたら面倒くさくてかなわん。

 

それではまた次回。